古いリチウムイオン電池(を含む機器)はゴミに出さないで!!

古いリチウムイオン電池(を含む機器)はゴミに出さないで!!

つい先日ですが、マシンガンズ滝沢さんがこのようなツイートをしているのを発見しました。

燃えたリチウムイオン電池を見せて貰った。リチウムイオンは圧力に極端に弱いから火が出る。不燃ごみで出ると清掃車が燃えることもあるので、量販店などに渡して頂けると助かります。三枚目の写真のやつが結構厄介。プラスチックだから燃えるごみで捨てよーというのが多いらしい。

この一件に限らず、ごみ処理場でリチウムイオン電池が発火するという事故がここ数年で激増しているそうです。

この問題にある大きな課題として、そもそもリチウムイオン電池の危険性について認識されていないということに加えて、電子機器にリチウムイオン電池が使われていることを知らずに捨ててしまうといったことが挙げられます。

そこで今回の記事では、ごみ処理場での事故の現状やリチウムイオン電池ならびにそれが使用されている機器を捨てる際の注意点について解説します。

ごみ処理場での発火トラブルが増加

リチウムイオン電池は、中に燃えやすい液体(有機溶媒)が使用されており、充電されている状態では大きなエネルギーを含むことから発火のリスクが特に高い電池です。

ごみ処理場でリチウムイオン電池が押しつぶされることでショート(短絡)・発火して、周囲のごみに着火してしまうのです。

日本容器包装リサイクル協会 より引用

その結果、下の写真のように大規模な火災がごみ処理場で発生するという事故が多発しています。

いずれも 日本容器包装リサイクル協会 より引用

リチウムイオン電池がごみの中に入ってしまうと取り除くことがかなり難しいのが現状です。例えばプラスチックごみの中にリチウムイオン電池が入ってしまった場合、乾電池などのように磁石で除去することが難しいのです。

また、使用されて劣化したリチウムイオン電池の場合、電池内部の負極(黒鉛)上にリチウム金属が析出(デンドライト)していることも多いです。デンドライトは急速充電や低温下での充電時に発生しやすく、高容量・高電圧なリチウムイオン電池ほど発生しやすいです。デンドライトが発生している場合はより激しい発火の仕方をするため、特に被害が大きくなりやすいです。

店舗もしくは市町村ゴミステーションで回収している

日本容器包装リサイクル協会 より引用

このような問題があるため、リチウムイオン電池を含む小型充電式電池はホームセンターや家電量販店などの「排出協力店」で回収が行われています。近くの店舗で回収を行っているかどうかはチェックしておくとよいでしょう。

また、 小型充電式電池の回収・リサイクルを行っている一般社団法人JBRCにて登録されている市町村でも回収が行われています。

回収を行っている店舗・自治体はJBRCのホームページから確認できますので、近くで回収を行っている店舗や自治体があるかどうかを確認しておきましょう。

充電する機能がある機器は要注意

さて、いくらリチウムイオン電池自体の危険性やリサイクルの方法について行ったところで、そもそもリチウムイオン電池が使われていると知らずに電子機器を捨ててしまうようであると意味がありません。

しかし、実際にはリチウムイオン電池が使われていると知らずに電子機器を捨ててしまい事故につながるというケースが多いのではないかと推測されます。そのような例として、例えば電子タバコやデジタルカメラなどが挙げられます。

いずれも 日本容器包装リサイクル協会 より引用

基本的には、充電する機能があって電池が取り外せない製品はリチウムイオン電池を使っていると考えて間違いありません。そのような場合は、上記のように回収を行っている店舗や自治体に持っていきましょう。

まとめ

そんなわけで、リチウムイオン電池を含む機器を捨てるときは必ず近くで回収を行っている店舗や自治体に持っていくようにしましょう。

リチウムイオン電池が使われているかどうかわからなくても、充電する機能がある場合は同様です。回収を行っている店舗や自治体に持っていけば処理の仕方について教えてもらえます。

リチウムイオン電池は電子機器を使う上で欠かせない部品ですが、それと同時に爆弾と同じくらいエネルギーが詰まっていて危ないものでもあります。今回の記事の内容を身近な人たちにもシェアしていただくことで、発火事故を減らすことができるはずです。