EV

全固体電池以上のインパクトをもたらす?「単結晶」正極活物質

現在はEV用の次世代電池として「全固体電池」が注目されていますが、実はそれ以上にEV普及にインパクトをもたらす可能性がある(と著者が勝手に思っている)のが「単結晶」正極活物質です。 例えば4月24日のTESMANIANのブログでは、テスラが単結晶NCA正極の特許を出しているという情報が出ていました。それ以外にも、単結晶NCMを使用することで160万キロメートル走行に相当するサイクル寿命のリチウムイ […]

【続報】CATLのテスラ向け「コバルトフリー」電池はLFPではない?

前回の記事で、テスラが中国向けのEVにCATLのリン酸鉄リチウム(LFP)リチウムイオン電池を採用するのではないかとお伝えしました。 しかし、その後にある人がテスラの上海ギガファクトリーに問い合わせたところ、公式アカウントがこのような回答があったとのことです。 日本語に直すと、「お問い合わせいただきありがとうございます。今の段階で言えることとしては、LFPに限らずコバルトフリー(の電池)を4月の” […]

【保存版】知っておきたいリチウムイオン電池の正極材の特徴とトレンド

昨年の吉野彰さんのノーベル化学賞受賞によってリチウムイオン電池が一躍有名になりました。そのおかげで、リチウムイオン電池が使われている電気自動車やエネルギー貯蔵システムなどにも注目が集まっています。 その中でやはり中心となるのはリチウムイオン電池ですが、同じリチウムイオン電池でも使われる材料によって異なる特徴を持っています。 例えば、今のエネルギー貯蔵システムに使用されている電池の正極材は安全性と耐 […]

「EV×シェアリング」実現のために本当に求められる電池の姿

自動車業界を一変させるとされているのが「CASE」という造語でまとめられている4つの概念です。 C…Connectivity(IoT化) A…Autonomous(自動運転) S…Shared(シェアリング) E…Electric(電動化) このうちのElectricはリチウムイオン電池(および全固体電池などの次世代電池)の技術的進化が大きく関わっているのは誰の目にも明らかです。 ただ、CASEの […]

全固体電池を開発するメーカーの特徴・建前と本音

最近のニュースで、リチウムイオン電池の性能をしのぐ次世代型電池として「全固体電池」というワードが報道されることが多くなりました。 ニュースでよく耳にする「全固体電池」というのは 一言でいえば、 これまで液体だった「電解質」を固体にしたリチウムイオン電池のことです。 もちろん全固体電池の定義としてはリチウムイオン電池以外のものでも電解質が固体なら含まれるのですが、最近大きく注目されているのはリチウム […]

ピュアEV普及はまだまだ先!?トヨタの超小型EVとロードマップ戦略

今年の東京モーターショーでトヨタから「超小型EV」2020年冬リリースが発表されました。でも、なぜ普通の電気自動車(EV)ではなく超小型車なのでしょうか?(トヨタはいわゆるピュアEVはまだ出していません)その秘密をトヨタの開発ロードマップなどから読み解いていきます。

「リチウムイオン電池とは何なのか?」「リチウムイオン電池で世の中はどう変わるの?」という人のために

このサイトをご覧のあなたもご存じのように、2019年のノーベル化学賞は「リチウムイオン電池の開発」に貢献した3名に授与されました。 その3名のうちの一人である旭化成の吉野彰さんについても広く報道され特番なども組まれていたので、リチウムイオン電池について見聞きする機会も増えたのではないでしょうか。 しかし、あなたがリチウムイオン電池の専門家ならともかく、多かれ少なかれ「リチウムイオン電池とは一体何な […]